エンディングノートは、特に決まった形式はありません。専用のノートを購入しても良いですし、大学ノートを使ったり、インターネットのサイトからダウンロードしたものを使うこともできます。金融機関や保険会社などから無料でもらえるケースもあるようです。

ここでは、エンディングノートに記す内容について紹介していきます。

1.自身の情報

名前と生年月日、住所や電話番号、メールアドレスや登録しているSNSの名前とパスワード、治療中の病名や病院名、担当医師の名前や服用している薬の種類、家族の連絡先やよく行くお店の名前と連絡先、職場や趣味のサークルなどの連絡先などを記しておくと、良いかもしれません。

2.連絡先

友人や知人、趣味の仲間や親族など、何かあった時に連絡して欲しい人達の名前や連絡先をまとめておきます。

3.財産

預貯金や有価証券、株式や不動産、貴金属類や保険証書、骨董品などの財産について記します。ローンや借入金も忘れずに記しておきましょう。

4.形見分け・処分

家族などへの形見分けをする品物や、不用品として処分して欲しいものを記します。

5.介護や病名の告知

要介護となった際の施設などの希望や、ガンなどの病名の告知についての希望を記します。

6.葬儀について

希望する葬儀会社や遺影の写真、葬儀費用やお墓についても記しておきます。

7.感謝の気持ちなどのメッセージ

家族や友人、仲間や親族などの思い出や、感謝の気持ちなどのメッセージを記します。

8.ペットについて

ペットを飼っている人の場合、ペットのかかりつけの病院や担当医師、いつも食べているものや飼う時の注意事項などを記します。加入している保険や、預かり先なども記しておくと良いでしょう。