「生前整理」という言葉を見かけるようになった人もいるかと思われます。生前整理とは、文字通り、生きているうちに、自分の身の回りの物の整理をしておくことです。

このサイトでは、生前整理で準備をしておくものや、生前整理の注意点などについて書いていきます。

生前整理のメリット

生前整理をしておくことで、様々なメリットがあります。

1.部屋が片付く

引っ越しをする時などに感じられることとして、「こんなに物があったのか」ということがあるかと思われますが、長く暮らしていると、知らず知らずのうちに、押し入れや物置などに使っていないものが置いてあることがほとんどです。

生前整理をすることで、不用品を減らすことができるため、スッキリした部屋で気持ちを新たにして生活することにつながります。

2.怪我の防止

身体が元気に動くうちは良いのですが、徐々に運動神経や反射神経が鈍ってきますと、それまでは転ばなかった所で転んだり、簡単に通ることができたスペースも通りにくくなることが考えられます。生前整理で部屋を片付けることで、思わぬ怪我を防止することにもなります。

3.家族間のトラブルが避けられる

生前整理で財産をきちんとまとめておくことで、自身が亡くなった後の家族間のトラブルを避けることにもつながります。特に遺産相続に関することで、それまで仲の良かった兄弟が骨肉の争いをするということも決して少なくありません。

4.遺品整理の手間が少なくなる

遺品整理とは、自身が亡くなった後に、家族などが身の回りの物を整理することをいいます。具体的には、「思い出の品」や「形見分けの品」のように残しておきたいものと、不用品に分けることになります。あらかじめ生前整理をしておくことで、遺品整理の手間が少なくなることもメリットと言えるでしょう。