探偵がGPSを浮気調査に使用する理由

浮気調査では、車でターゲットを尾行するだけでなく、GPSと併用することで、捜査の効率化を図ります。ここでは、探偵がGPSを浮気調査に使用する理由と、具体的な取り付け方法などを紹介します。

GPS使用で調査日数が変化する

探偵が浮気調査でGPSを使用する理由として、調査日数を少なくすることができる点があります。調査日数が少なくなればなるほど、依頼された期日内に収まりやすいためです。

もちろん調査日数の延長も可能ですが、その際には他の探偵事務所に交代されるリスクも含まれます。そのため、可能な限り最初に依頼された期日内に解決することが求められるのです。

GPSで大まかな行動パターンを把握することで、ラブホテルなどの密会現場をピンポイントで押さえることにつながります。

探偵が使うGPSはリアルタイム型

探偵が浮気調査で使うGPSは、リアルタイム型と呼ばれるものが採用されます。ターゲットの動きが逐一チェックできるためです。

探偵が実践するGPSの取り付け方のポイント

探偵がパートナーなどの自家用車にGPSを取り付ける際には、深夜の時間帯が選択されます。特に住宅街などでは人通りが少なくなることから、目立ちにくいメリットがあるためです。

GPSは、自動車のバンパーの下やスペアタイヤの収納箇所あたりに取り付けます。GPSの装着には、強力な磁石や粘着性の高い両面テープが使われます。時間にして5秒程度が目安です。

通行人に見られることを想定して、車の付近に小銭やお札を落としておき、わざわざ拾う演出も含めるケースもあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です