探偵による車両尾行のコツ①

ここからは、GPSと併用した探偵による車両尾行のコツを紹介します。ターゲットに気づかれずにターゲット車両の動きを追うことと、道路交通法を守ることがポイントです。

尾行開始時

尾行を開始する際に、怪しい動きをしてしまうと、一瞬で相手に尾行を察知されてしまいます。

まずは相手の車両が動いてから、ある程度離れたことを確認した上で、ようやくスタートを切るくらいがちょうど良いタイミングです。

車間距離に注意

ターゲットの車を見失わずに、なおかつターゲットに気づかれない車間距離を取ることが尾行のコツとなります。

よくありがちなのは、信号が赤になったり、踏切の遮断機が下りて停止せざるを得ないパターンです。

このような時にターゲットの車を見失うことが多いため、現場の地理を把握することも重要なポイントとなります。

間に最低でも1台は入れる

車両による尾行では、ターゲットの車との間に最低でも1台は入れることが望ましいとされています。2台間に挟むことができればなお良しです。

ターゲットの車の真後ろで尾行すると、すぐに尾行が発覚してしまうことが理由となっています。

ただし、間に挟む車両の選択には注意してください。高齢者など交通の流れをあまり意識しない車両の後ろにつくことで、ターゲットを見失う危険性があるためです。

対象車のミラーの死角に入る

車で尾行をする際には、対象車のサイドミラーやルームミラーの死角に入ることも意識した方が良いでしょう。特に真後ろについてしまった際には、対象車のサイドミラーを見ないように意識してください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です