探偵による車両尾行のコツ②

探偵による車両尾行のコツ①に引き続き、浮気調査でGPSを使いながら、なおかつ尾行をするコツについて解説していきます。

状況に応じて強引な運転も選択する

探偵の浮気調査での車両尾行は、道路交通法を守ることが大切です。とはいえ、相手の車両の動きによっては、少々強引な運転を選択せざるを得ないケースも考えられます。割り込みやUターンなどの際には、しっかりと周囲の安全確認をすることがポイントです。尾行中の交通事故は何よりも避けなくてはなりません。

車両の特徴を相手の印象から消去する工夫

車両を使った尾行では、車両の特徴を相手の印象から消去する工夫も必要となります。例えば、ターゲットがお店に入るのを見かけても、すぐに追いかけるのではなく、あえて一旦通り過ぎるようにします。車両の色や形状を相手から認識されにくくなるためです。

夜の尾行はテールランプを目印に

夜に車両での尾行を行う際には、対象車の形状やナンバープレートで追いかけるのではなく、テールランプを目印にすると、相手から見つかりにくい距離を取ることができるようになります。

ライトは常に点けたままで(夜間)

夜間の尾行では、信号待ちなどでライトを消すことで、ターゲットの車両から、乗車している探偵の顔が見られてしまうことも考えられます。そのため、信号待ちの時にもライトは点けたままでいることも夜間尾行のコツのひとつです。

それから尾行中には喫煙をしないことも重要です。タバコを吸う時は窓を開けざるを得ないことから、調査員の顔が露出してしまうためです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です