探偵による車両尾行のコツ③

探偵による車両尾行のコツ①と②に引き続き、この③でも浮気調査で車両尾行をする際のコツを紹介します。浮気調査は、尾行はもちろんのこと、GPSも同時に使用できるとより効果的です。

ターゲット車両がタクシーの場合

ターゲットの乗った車両がタクシーの場合は、ターゲット本人が運転している以上に気を配る必要があります。

タクシーの運転手は、職業柄周囲への注意を怠ることはありません。そのため、運転手から尾行車両が見つかってしまうことも十二分に考えられます。くれぐれも尾行していることを気づかれないようにしてください。

それから、タクシーが停車して、ターゲットが降りた後も、すぐに停車して追いかけてはいけません。

停車したタクシーを追い越して、ターゲットが確認できる距離ギリギリに停車するのがコツです。決して見失わないように、徒歩での尾行に切り替えます。

高速道路走行中の尾行

ターゲットの車両と高速道路を走行する際には、車間距離を通常よりも多めに取るようにするのがコツです。ただし、対象車がどの出口で下りたのかということだけは見失わないようにしてください。

高速道路の走行中の尾行では、車線変更にも注意が必要です。ターゲットの車両が車線変更をしたとしても、すぐに車線変更をせずに、少なくても1分以上経過してから車線変更を行います。他の車両に隠れることができればなお良しです。

尾行とGPSの同時使用

仮に車両尾行でターゲットを見失ったり、尾行を警戒されてしまったとしても、GPSを相手の車両に取り付けておくことで、浮気調査が続行可能です。日を改めて車両尾行以外のやり方を採用するケースもあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です